HOME > ハツミツにはつこいストーリー

「ハチミツにはつこい」

ストーリー

幼なじみとして夏生のことを大好きな小春。

m_03.jpg

幼なじみとして夏生のことを大好きな小春。
それは夏生も一緒で、今まで疑わずに幼馴染という習慣が身についてしまった心は疑うことをしなかった。しかし高校へと入学後、中学の頃は気付かなかったが、どうやら夏生は他の女子とも仲良くしているようで、いつも女子に囲まれ楽しそうに話している。そんな姿を見ると、小春は何故か心の中が落ち着かない。
何でも知っている夏生の知らないところが増え、夏生の顔を見るだけでなぜか、ドキドキしてしまう。この気持ちは“幼なじみだから”と思っていた小春だが、次第にこれは“恋”なのだと気付いてしまう。


杉浦夏生(すぎうら なつき)

CV木村良平

小春のおさななじみ

幼なじみの小春と一緒に高校へと入学。小春からは“なっちゃん”と
呼ばれている。
ちょっとエッチでお調子者な性格だが、女子からはモテモテ。
運動神経も良いが、唯一水泳だけが苦手で泳げない。
両親は小さい頃に離婚しており、現在は兄と父と一緒に暮らしている。
小春同様に彼女を幼なじみとして大切に思っており、
小春が男子と話していたりすると何故かモヤモヤしてしまう。
入学式の際、保健室で偶然泣いているところを見かけた西園寺秋に惹かれていた。小春に好きな人がいる話を聞いたことで、自分の本当の気持ちに気がつき、付き合うことになる。

m_01.jpg

m_00.jpg

椎名 小春(しいな こはる)

CV:寿 美菜子

夏生と一緒に高校へと入学したばかりの女の子。

双子の妹と弟がいる。明るく元気な性格だが、
身長は148センチメートルと小さく、
夏生からは幼児体型と言われている。
料理が得意で、何かに悩んで考え込んでしまっているときは、
決まって無意識に朝食を豪華に作ってしまう。
ずっと幼なじみとしての関係が続くと思っていた夏生を
異性として好きなのだと気付いてしまい……
紆余曲折を経て、夏生と恋人同士になる。



都築冬哉(つづき とうや)

CV:内山昂輝

特進科のエリート

秋同様に特別進学コースの
新入生代表挨拶を一緒に務め、
トップ入学した男の子。医者の息子で口数が
少なく物静かな美少年。
口が悪く、小春曰く“嫌な奴”で
小春を小学生呼ばわりする。
愛想のない態度をとっても、分け隔てなく
接する小春に惹かれているらしい。


m_03.jpg

「ハチミツにはついこい」1巻~6巻好評発売中

Sho-comi フラワーコミック

【発売元】小学館

006.jpg



「ハチミツにはつこい~アーリーデイズ~」 好評発売中

(フラワーコミックスルルルnovels) [コミック]

【発売元】小学館

news_large_hachihatsu_novel.jpg