TENEBRAE 連載コラム一覧
COLUMN

『シナリオ担当I川のホラーよもやま話』Vol.8
「オススメ映画紹介その2『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』

どうも。シナリオ担当I川であります。
前回の冒頭では『まだまだ暑い日も』、なんて言ってましたが、
気がつくといつの間にか、本格的に秋っぽい気候になってきましたね。
たった2週間ですが、一気に季節が進んだようです。
まあ、残暑が長かった分、変化が早いのかもしれませんね。

さて、今回はオススメ映画紹介第2回。
1999年のアメリカ映画、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のお話です。

1994年10月、映画学校に通う生徒
ヘザー・ドナヒュー、ジョシュア・レナード、マイケル・ウィリアムズの3人は
伝説の魔女『ブレア・ウィッチ』に関するドキュメンタリー映画の撮影のため、
メリーランド州バーキッツビルにある森へと向かい、そのまま行方不明となってしまう。
彼らが失踪してから1年後、森から彼らの遺したフィルムとビデオが発見される……。

映画はその発見されたフィルムやビデオを編集して作られた、という設定で進行します。
森の中で3人が遭遇する不可解な出来事の数々。
やがて、ジョシュアが姿を消し、夜中に聞こえてきた彼の声を追うヘザーとマイケル。
二人が行き着いた先で目撃したものとは一体……?

ホラーファンでなくとも、映画ファンの方ならご存知の方も多いかと思うこの作品。
擬似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)や出演者の持つカメラで撮影された
主観視点の映像(POV)と言った手法で話題となり、後のホラー映画に大きな影響を与えました。
『クローバーフィールド/HAKAISHA』や『パラノーマル・アクティビティ』等が有名ですね。
そんな作品ではありますが、決して良い評価を受けているわけではないことも事実です。

正直言ってしまいますと、実はこの映画、映画作品単体として観た場合は
確かに名作や傑作と呼ぶには、難があると言わざるを得ません。
なんでも、決まった脚本は一切なく、俳優たちの演技は全てアドリブ、スタッフたちが
色々な仕掛けで彼らを驚かし、そのリアクションだけを撮影したのだとか。
ストーリーらしいものは殆どなく、ただ、身の回りで起こる不気味な現象に恐れおののく
俳優たちの反応、その映像だけを集めて編集したわけですから、致し方ないとも言えるのですが。

ではなぜ、そんな映画が世界規模の大ヒット映画足り得たのか?
その理由は、徹底したメディアミックス展開を図ったことにあると言えるでしょう。
インターネットのウェブサイトを筆頭に、出版物やテレビ番組で、あたかも失踪事件が
実際に起きたかのような擬似ドキュメンタリー物が次々と制作され、それによってこの映画は
大きな知名度を獲得したと言えます。それらのウェブサイトや番組等が、事件の歴史的背景
(ブレア・ウィッチの伝説や地元で起きた不気味な殺人事件の話など)を伝えることで、
人々に事件に関する情報を過剰なほど提供したのが、好奇心旺盛なホラーやオカルトファンの
知的好奇心をくすぐったことが成功につながったのでしょうね。

……え?
それじゃあ、おまえがいつも言ってる『意味の喪失』とは真逆の手法で成功したんじゃないのか?
皆さん、多分そう仰りたいのではないでしょうか?

……実はそうじゃないんですねぇ、これが。

確かに、メディアミックスによって映画には収まりきらない大量の情報が提供はされましたが、
実はその情報には肝心の失踪事件そのものに関するものは殆ど含まれていなかったのです。
メディアミックスで展開されたのは、先にも書きました通り、失踪事件の起きた森や、周辺の
土地に関する情報がその殆どであり、失踪した3人がなぜ、どうして失踪したのか、
それを具体的かつ客観的に示唆する情報はまず含まれていなかったのです。
真相につながる情報の隠蔽は映画本編でも徹底しており、3人が巻き込まれる不可思議な
現象の理由や原因につながるような情報や映像は一切含まれていません。

観客はこの不気味な事件の真相を知ろうと、サイトや出版物を漁って知識を得ようと
しますが、事件の真相に関する知識を得ることができず、逆に『意味の喪失』を強く
体験することになる……それこそが、この作品に仕組まれた恐怖のギミックだったのです。
映画本編はあくまで『ブレア・ウィッチ』の世界の一角であり、メディアミックスによって
構築された、映画の枠を越えた恐怖体験の世界、それこそが『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と
言うことができるでしょう。

映画の公開から10年以上の歳月が流れ、残念ながら当時作られたウェブサイトを
見ることはできませんが、出版物に関してはそのいくつかが入手可能なようです。
皆さんも興味がございましたら、擬似ドキュメンタリーの恐怖の世界を体験してみては
いかがでしょうか……?

『シナリオ担当I川のホラーよもやま話』Vol.7
「"電”のつく怖いハナシ」

どうも。
シナリオ担当のI川です。
まだまだ暑い日が続いていますが、それでも朝晩の風には
真夏のそれとは違う秋めいたものを感じるようになって来ましたね。
そのせいか、自分は少々風邪気味で……季節の変わり目、健康にはお気をつけください。

ところで、『闇からのいざない TENEBRAE Ⅰ』、もうクリアされた方も多いかと思いますが、
当作はルート分岐にマルチプレイと、2度3度遊べる仕掛けがございますので、
是非、周回プレイにもチャレンジしてみてくださいね。

それでは今回のお話。
インターネットにまつわる怖い話、いわゆるネットロアについては以前もお話ししましたが、
ネットが普及する以前からあったのが、電話にまつわる都市伝説です。

皆さんもお聞きになったことがあると思います。
近年、有名になったものとしては『トイレの花子さんの電話』や『貞子の電話』などがありますね。
いずれもありえない番号に電話をかけると繋がってしまうというものや、
(そして、意味不明の声や音が聞こえたりする)
特定の番号にかけてから電話を切ると、無言電話のコールバックあるといった内容です。

実はこれ、その殆どのケースがオカルト的な要因とは無関係な現象であることが知られています。
代表\的なものとしては、ある種の音声を流すサービスをしている電話番号であったり、
(『宇宙パワーを送ります』という音声が聞こえてくるのが有名ですね)
電話工事の際に、回線のテストのために自動的にコールバックの返ってくる番号などが挙げられます。
詳しい話は『電話の怖い話』等のキーワードでネット検索すると、色々な事例が見つかると思いますので、興味をお持ちになった方は、一度検索してみてはいかがでしょうか?

電話にはどこか得体の知れない恐怖感がつきまとっていると、感じたことはないでしょうか?
その原因はおそらく、電話というものが音声のみによる連絡手段であること……
つまり、電話の繋がった先にいるのは、確かに実在する(と思われる)相手であるにも関わらず、
その正体、具体的には相手の姿形が見えないということにあるのでしょう。
相手の姿形が見えないという”情報の欠落”は、その相手の”正体”を不明確にしてしまう……
ここにも、以前お話しした『意味の喪失』による恐怖感が働いているといえるのです。
それが、誰もが抱きうる普遍的な電話への不審感=恐怖感であることは、携帯電話がもたらす
恐怖を描いたホラー映画『着信アリ』がヒットした事例を見て戴ければ、ご納得戴けると思います。

相手の正体を曖昧にしてしまう電話がそうであるように、
発信者不明の電波というものもまた、恐怖感をそそる存在です。
以前、この欄で紹介致しましたネットロア『NNN臨時放送』などはその代表\例ですね。
あれはTVが受信した発信者(発信元)や、その意味するところが不明である番組、という題材で
巧妙に恐怖感を煽る仕組みを持った都市伝説でした。

『NNN臨時放送』と似た事例として有名なネット動画に『ワイオミング事件』というものがあります。
アメリカのワイオミング州で起きた電波ジャック事件の際に流れた映像と言われるもので、
意味不明のメッセージや不気味な男の顔が映し出される、かなり不気味な映像です。
どうやら実際に起きた事件ではないらしく、件の映像に含まれるノイズが不自然であったりすることから
映像自体もフェイクであるというのが真相のようですが、今も信じている人は少なくありません。

メジャーなテレビ番組が都市伝説の題材になってしまうケースもあります。
特に有名なところとして、『ドラえもん』の謎のエピソ\ード『タレント』の話が上げられるでしょう。
ドラえもんとのび太が地下世界で体験する不気味な出来事を描いたというこの『タレント』という
エピソ\ード、これもどうやら幾つかの誤情報が混ざり合って醸成された都市伝説というのが
本当のところのようですが、裏返して言えば『実在しないエピソ\ード』であるからこそ、
より恐怖感を煽る話になっているのかもしれません。

さらに、実在している放送が都市伝説の題材になるケースも存在します。
モスクワ近郊のとある放送施設から発信されている『UVB-76』と呼ばれる短波放送があります。
この放送で流されるのはその殆どが1分間に25回のペースで流れるブザーの音だけという特異なもので
(過去数回、人間の音声による発信が確認されてはいますが)そのことから『ザ・ブザー』とも呼ばれています。
内容がまったく意味不明であることから、『ザ・ブザー』の正体については様々な推測がされており、
その中には『全面核戦争の危険が迫った際に確保されているホットライン用の周波数』であるとか、
『その放送が一定時間以上途切れた場合は核攻撃を受けたと自動的に判断され報復攻撃を行うための装置』と 言った、かなり恐ろしいものも含まれています。こうした憶測を生み出しているのも、
『UVB-76』が人間の音声を伴わないもの=『意味の喪失』した放送であるところが大きいと思われます。

日頃当たり前のように利用している電話や電波放送。
そこにも『意味の喪失』という恐怖が含まれている……なかなかゾッとする話ではないでしょうか?

さて、次回は「オススメ映画紹介」その2と題しまして、
ホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を取り上げたいと思います。
賛否両論、評価が真っ二つに分かれることでも有名なこの作品、
『意味の喪失』という視点から捉えた場合、どう評価することができるのか……?

それではまた次回、お会いしましょう。

『シナリオ担当I川のホラーよもやま話』Vol.6
「TENEBRAE発売記念よもやま話」

ども、シナリオ担当のI 川でございます。
いやあ、早いもので、気がつけば、8月も終わりですね。
来週から二学期が始まる、という方も結構いらっしゃると思いますが、
新学期の準備は、もうできていますか?
自分は学校に通っていた頃は、宿題や課題をぎりぎりまで溜めてしまい、
毎年この時期になると修羅場モードに……。
……すみません、またまた話題がそれてしまいました。

さて、ついに本日発売となりました、『闇からのいざない TENEBRAE Ⅰ』!!
すでにプレイされている方もいらっしゃると思いますが、手応えの程は如何でしょうか?
今回は『TNENBRAE Ⅰ』の制作裏話や見所について、紹介して参りたいと思います。


その1.最初はタイムスリップものだった!?

シナリオ中に登場しますキーアイテム、『事象変換器』。
企画当初は”時間を巻き戻す”装置、という設定でした。
そもそも、この企画を思いつくきっかけとなったのが、”ゲームブック”のプレイ体験でした。
”ゲームブック”というのは、家庭用ゲーム機が今のように普及する以前にブームとなった、 『選択肢のある小説本』です。現在におけるノベルゲームの走りのようなものですね。
紙媒体のゲームブックと、コンピュータソフトであるノベルゲーム、勿論、違いは多々ありますが、
最大の相違点として、ゲームブックでは”先読み”というインチキが可能、と言う事が上げられるでしょう。
ノベルゲームと違い、ゲームブックでは選択肢の先を読んでから決定する、
ということが出来てしまう訳です。
勿論、そんなことをしてしまえばゲームとしての面白味は半減してしまうのですが、
特に緊迫した場面での選択肢ともなると、ついついその誘惑に負けてしまうんですよね。
その、”先読み”できるゲームブックの特性を再現しようと考えたのが、この設定を考えたきっかけでした。
当初の予定では、選択肢を選んだ先の展開を見て、もう一度選択肢に戻って選びなおすことが出来る、
というシステムを検討していたのですが……シナリオの設定と構成を変更するに伴い、『事象変換器』システムに落ち着いたのでした。
もし、当初の設定がそのまま採用されていたら……
ストーリーの展開は大きく違ったものになっていたかも知れません。

その2.犬上征爾は映画マニア!?

主人公、犬上征爾が自称コーヒー通なのはシナリオ中でもはっきりと語られていますが、
他にも彼にはいくつかこだわりの趣味があったりします。
その趣味のひとつが映画鑑賞。
それも古典作品と呼ばれるような、古い映画を好んで観るタイプだったりします。
皆さん、お気づきになりましたでしょうか?
劇中で犬上が映画をネタにしたセリフを言う場面が2箇所あります。
ひとつは1967年のアメリカ映画、『俺たちに明日はない』。
実在した銀行強盗カップル、ボニーアンドクライドの出会いから死までを描いた、有名な作品です。
もうひとつのシーンで語られたのは、1979年のソビエト映画『ストーカー』です。
ストルガツキー兄弟のSF小説をアンドレイ・タルコフスキー監督が映画化したこの作品、
ゲームファンの方にはウクライナのゲームメーカーが開発したFPS『S.T.A.L.K.E.R』のモチーフと なった映画作品として、ご存知の方も多いかも知れませんね。
犬上がどこで、どんなシチュエーションでそれらの映画をネタにしたのか……?
それは是非、実際にプレイして探してみてくださいね。
それにしても、犬上のネタ振りにさらっと応える薫さんや美咲も、やっぱり映画マニア……?

その3.真の謎解きの鍵は、2周目以降に!?

TENEBRAEはルート分岐あり、しかもマルチエンディングですので、
2回、3回と遊んでも、新たな展開を楽しむことができます。
更に、2周目以降のプレイにはストーリーの謎解きにとって重要なある仕掛けが……。
なんと、とある選択肢での結果によって、犬上征爾以外の登場人物の視点から見たストーリーを
辿るルートが出現するのです!!
しかも、そのルートでは、不可解な事件の背後にいる意外な黒幕に関する重要なヒントも……?
1周しただけでは解き明かすことのできない事件の謎。
是非、2周目以降もプレイして、その謎を解く手がかりを見つけ出してみてください。


さて、次回は『電波と電話のコワイ話』。
『UVB-76』や『ワイオミングインシデント』と言った、テレビ・ラジオにまつわる都市伝説や、
『貞子の電話』や『メリーさん』など、電話に関するコワい話を紹介する予定です。

それではまた、お会いしましょう。

『シナリオ担当I川のホラーよもやま話』Vol.5
「TENEBRAE Vol.1 発売直前Special」

どうも、シナリオ担当、I川です。
8月もいよいよ後半、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
ふと気がつくと、世間様ではオリンピックやお盆休みがあったようですが、
私は……えーと、なにそれ、美味しいの?

まあ、もはやホラーとは何の関係もない話題になってしまいましたが(自爆)、
閑話休題(と書いて「それはさておき」と読む)。
いよいよ、発売が近づいて参りました『闇からのいざない TENEBRAE Ⅰ』。
今回はその発売直前スペシャルと題しまして、
『TENEBRAE』に影響を与えたホラー映画やゲームのお話を。

子どもの頃にテレビで観て、今だに大きな影響を受けているホラー映画。
それがリドリー・スコット監督の古典的SFホラー、『エイリアン』でした。
それまでのSF作品に登場したものとは一線を画する、
どこか生活感の染み付いた薄汚れた宇宙船ノストロモ号のリアリティあふれる美術設定。
リドリー・スコット監督の、あの光と影が織りなす演出、そしてその空間を跋扈する、
シュルレアリスム芸術家、H・R・ギーガーが生み出した恐怖の存在、エイリアン……。
よほど、初見の際の印象が強烈だったのか、この映画を観て以来今でも、
宇宙船の中のような閉鎖空間の中で怪物に追い回される悪夢を時々見ることがあります。
『TENEBRAE』の作中でも、主人公たちが閉鎖された空間の中で正体不明の黒い霧に追い回される
展開がありますが、これは間違いなく、『エイリアン』の影響によるものでしょう。

擬似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)スタイルで話題になった作品、
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』も、大きな影響を受けたホラー映画のひとつです。
もともとゲームにはⅠ人称視点でその世界を主体的に体験するという意味で、
ドキュメンタリーのスタイルと親和性があると言えるでしょう。
俯瞰視点から世界を見るのとは違う、直接的にその世界を体感しているというイメージ、
そして一人称の視点から物事を見ているが故に生じる、情報の欠落。
言い換えるなら、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』自体が、実は極めてゲーム的な構造を持つ映画ということができるでしょう。実際に『ブレア~』は『SIREN』や
『ひぐらしのなく頃に』に大きな影響を与えていると言われていますが、その意味では
『TENEBRAE』もまた、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の系譜に連なっていると
言えるかもしれません。

ゲームでのホラー体験として、まず記憶しているのはセガのメガCD用ゲームソフト、
『夢見館の物語』ですね。
まあ、厳密にはホラーゲームではないのですが、その夢とも現ともつかない幻想的な世界観とその演出には、どこか恐ろしさを感じさせるものがあり、鮮烈な印象が今でも残っています。
そしてもうひとつ、決定的な影響を与えられたゲームこそが『サイレントヒル』シリーズです。
霧に覆われた街、サイレントヒルの静謐で不気味な雰囲気と、
血と錆にまみれた無機的な裏世界のおぞましさ。
何が現実で何が悪夢なのか分からなくなるその演出が、実に秀逸な作品でした。
自分自身が今そこで体験している出来事は果たして現実なのか、それとも……?
『TENEBRAE』でも主人公がそんな感覚に陥り混乱する場面がありますが、それはおそらく、
『夢見館』や『サイレントヒル』の持つ恐怖感をその源泉としているのです。

H・P・ラブクラフトらによって想像された現代の恐怖神話体系、
『クトゥルー神話』の影響も、外すことの出来ない重要な要素です。
我々が知っている現実世界とは明らかに違う別世界の存在。
世界、あるいは宇宙そのものが内包する、圧倒的な力の存在。
クトゥルー神話の魅力は正にそうした『触れてはならない存在』が現実世界の綻びから
垣間見えてしまう、その恐怖感にこそあると言っても過言ではないでしょう。
『TENEBRAE』においても、そんな人智を超えた『触れてはならない存在』が、
ストーリーを進めるうちに、徐々に見えてくることになります。
果たしてその存在……『内なるもの』とは、一体何なのか?
それを読み解くのは、実際にプレイをする、あなた自身なのです。

次回はいよいよ発売された『TENEBRAE』、
その見所やストーリーのポイントについて解説して参ります。
ここでしか知ることのできない、マル秘攻略情報なんかもあったりして……?

それでは、次回もまた、お付き合い戴けますと幸いです。

『シナリオ担当I川のホラーよもやま話』Vol.4
「オススメ映画紹介その1『ジェイコブズ・ラダー』」

どうも、夏バテ気味のシナリオ担当、I川です。
いやあ、前回は酷い目に会いました。
深夜の来訪者、玄関を開けたI川がその目にしたものは……。
……おっと、危ない危ない。これ以上語ることは……。

……げふん、げふん。
まあ、そんなわけで気を取り直しまして、今回のお題と参りましょう。
題して【オススメ映画紹介その1 『ジェイコブズ・ラダー』】です。

ホラー映画といいましても、ゾンビ物からスプラッターまで、 数多のジャンルがあり、そして数多くの有名作品が存在します。
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』や『エクソシスト』、 『13日の金曜日』や『リング』……。
そういった、ホラーの代表格とも言える有名タイトルに比べると、 今回ご紹介致します『ジェイコブズ・ラダー』は 決して知名度が高いと言える作品ではありません。
しかし、この作品、知る人ぞ知る名作とも言えるタイトルなのであります。
ホラーゲームファンの皆さんなら、かの『サイレントヒル』シリーズに 多大な影響を与えた映画としてご存知の方も多いかもしれません。

舞台は1970年代。ベトナム帰還兵のジェイコブは 恋人と同棲しながら郵便局員として働いていました。
しかしやがて、彼の身の回りに奇妙な出来事が起こるようになります。
悪夢に苦しめられる夜が続いていたある日、 彼の目の前にベトナム時代の戦友、ポールが姿を現します。
ポールはベトナムからの帰還からこの方、何者かに追われていると訴えます。
ジェイコブは戦場で起きた出来事を思い出し、 軍が何かを隠蔽していると疑うようになるのですが……。

日常を侵食するようにジェイコブの身の回りで起こる奇怪な出来事、 特にクライマックスで、負傷したジェイコブが運び込まれた病院で目撃する、 グロテスクで恐ろしい光景の数々は、正にサイレントヒルに受け継がれることになる 鮮烈なイメージを観るものの脳裏に焼き付けます。

ベトナム戦争を背景にしたこの映画は反戦テーマの作品として語られることも多いのですが、 実は更にその背景には、欧米人=キリスト教徒とは切っても切れないもうひとつのテーマがあります。
それは旧約聖書に描かれた死生観……この映画の主人公、ジェイコブの名前をヘブライ語読みにすると ヤコブとなり、タイトルにある「ラダー」とはハシゴのこと。
つまりこの映画は旧約聖書に描かれた『ヤコブの梯子』の逸話をベースにしている作品なのです。

映画に限らず、欧米のエンターテイメント作品の多くが聖書やその逸話をモティーフ、 あるいはテーマとして扱っています。
映画『セブン』や『プライベートライアン』、
ハーマン・メルヴィルの長編小説を原作とする『白鯨』……。
数え上げれば枚挙に暇がありません。
世界名作劇場のアニメでお馴染みの『フランダースの犬』や『アルプスの少女ハイジ』も、 その原作は色濃く聖書や宗教の影響が伺える作品です。
『ジェイコブズ・ラダー』もまた、こうした数多くの聖書を下敷きとした作品のひとつです。

映画のクライマックス、主人公の前に現れた彼の息子『ゲイブ』。
聖書に慣れ親しんだ欧米人であれば、その少年の名前が天使ガブリエルの 英語読みから来ていることに気づくでしょう。
そして、その息子に誘われたジェイコブが階段を昇っていくシーン……。
観客は、その意味に気付かされる仕組みになっているのです。

我々日本人にとって聖書はあまり親しみのあるものではありませんし、 それゆえに作品を鑑賞する姿勢は違って当然です。
そして、聖書を下敷きにした作品であるからといって、 必ず聖書の知識を持って鑑賞しなければいけないものではありません。
ですが、ある程度下地となる知識を持って鑑賞すれば、 同じ作品に対する印象や感想も大きく変わってくることもあるかもしれません。
そんな映画の鑑賞法もなかなか楽しいものかもしれませんね。
『ジェイコブズ・ラダー』は見方を変えて何度も楽しめる、そんな贅沢な映画でもあるのです。

主人公ジェイコブを『ショーシャンクの空に』や『ミスティック・リバー』のティム・ロビンス、 その息子ゲイブ役は『ホーム・アローン』でブレイクする前のマコーレー・カルキンが演じています。
1990年のアメリカ映画です。
興味をお持ちになりましたら、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

さて、次回は……TENEBRAE第1巻発売直前スペシャルと題しまして、 私こと、シナリオ担当I川が特に影響を受けたホラーゲームや映画などを紹介してみたいと思います。
それでは、また……!!