BLOG

『シナリオ担当I川のホラーよもやま話』Vol.8
「オススメ映画紹介その2『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』

どうも。シナリオ担当I川であります。
前回の冒頭では『まだまだ暑い日も』、なんて言ってましたが、
気がつくといつの間にか、本格的に秋っぽい気候になってきましたね。
たった2週間ですが、一気に季節が進んだようです。
まあ、残暑が長かった分、変化が早いのかもしれませんね。

さて、今回はオススメ映画紹介第2回。
1999年のアメリカ映画、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のお話です。

1994年10月、映画学校に通う生徒
ヘザー・ドナヒュー、ジョシュア・レナード、マイケル・ウィリアムズの3人は
伝説の魔女『ブレア・ウィッチ』に関するドキュメンタリー映画の撮影のため、
メリーランド州バーキッツビルにある森へと向かい、そのまま行方不明となってしまう。
彼らが失踪してから1年後、森から彼らの遺したフィルムとビデオが発見される……。

映画はその発見されたフィルムやビデオを編集して作られた、という設定で進行します。
森の中で3人が遭遇する不可解な出来事の数々。
やがて、ジョシュアが姿を消し、夜中に聞こえてきた彼の声を追うヘザーとマイケル。
二人が行き着いた先で目撃したものとは一体……?

ホラーファンでなくとも、映画ファンの方ならご存知の方も多いかと思うこの作品。
擬似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)や出演者の持つカメラで撮影された
主観視点の映像(POV)と言った手法で話題となり、後のホラー映画に大きな影響を与えました。
『クローバーフィールド/HAKAISHA』や『パラノーマル・アクティビティ』等が有名ですね。
そんな作品ではありますが、決して良い評価を受けているわけではないことも事実です。

正直言ってしまいますと、実はこの映画、映画作品単体として観た場合は
確かに名作や傑作と呼ぶには、難があると言わざるを得ません。
なんでも、決まった脚本は一切なく、俳優たちの演技は全てアドリブ、スタッフたちが
色々な仕掛けで彼らを驚かし、そのリアクションだけを撮影したのだとか。
ストーリーらしいものは殆どなく、ただ、身の回りで起こる不気味な現象に恐れおののく
俳優たちの反応、その映像だけを集めて編集したわけですから、致し方ないとも言えるのですが。

ではなぜ、そんな映画が世界規模の大ヒット映画足り得たのか?
その理由は、徹底したメディアミックス展開を図ったことにあると言えるでしょう。
インターネットのウェブサイトを筆頭に、出版物やテレビ番組で、あたかも失踪事件が
実際に起きたかのような擬似ドキュメンタリー物が次々と制作され、それによってこの映画は
大きな知名度を獲得したと言えます。それらのウェブサイトや番組等が、事件の歴史的背景
(ブレア・ウィッチの伝説や地元で起きた不気味な殺人事件の話など)を伝えることで、
人々に事件に関する情報を過剰なほど提供したのが、好奇心旺盛なホラーやオカルトファンの
知的好奇心をくすぐったことが成功につながったのでしょうね。

……え?
それじゃあ、おまえがいつも言ってる『意味の喪失』とは真逆の手法で成功したんじゃないのか?
皆さん、多分そう仰りたいのではないでしょうか?

……実はそうじゃないんですねぇ、これが。

確かに、メディアミックスによって映画には収まりきらない大量の情報が提供はされましたが、
実はその情報には肝心の失踪事件そのものに関するものは殆ど含まれていなかったのです。
メディアミックスで展開されたのは、先にも書きました通り、失踪事件の起きた森や、周辺の
土地に関する情報がその殆どであり、失踪した3人がなぜ、どうして失踪したのか、
それを具体的かつ客観的に示唆する情報はまず含まれていなかったのです。
真相につながる情報の隠蔽は映画本編でも徹底しており、3人が巻き込まれる不可思議な
現象の理由や原因につながるような情報や映像は一切含まれていません。

観客はこの不気味な事件の真相を知ろうと、サイトや出版物を漁って知識を得ようと
しますが、事件の真相に関する知識を得ることができず、逆に『意味の喪失』を強く
体験することになる……それこそが、この作品に仕組まれた恐怖のギミックだったのです。
映画本編はあくまで『ブレア・ウィッチ』の世界の一角であり、メディアミックスによって
構築された、映画の枠を越えた恐怖体験の世界、それこそが『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と
言うことができるでしょう。

映画の公開から10年以上の歳月が流れ、残念ながら当時作られたウェブサイトを
見ることはできませんが、出版物に関してはそのいくつかが入手可能なようです。
皆さんも興味がございましたら、擬似ドキュメンタリーの恐怖の世界を体験してみては
いかがでしょうか……?

ツイッターキャンペーンに沢山のご応募ありがとうございました!

皆さまこんにちは、広報Sです。

寒暖差が激しい今日この頃ですがいかがお過ごしでしょうか。
秋になったらホラーは季節外れ……?そんなことはありません!!
『TENEBRAE』をプレイ中の皆さんは是非全エンディングクリアして頂いて、
まだ購入していない、偶然このブログにたどり着いたそこのアナタは、
是非この機会に『TENEBRAE』をGETしてプレイしてみてくださいね。

さて、本日はI川さんによるコラムVol.8が公開になります!
個人的にもこっそり楽しみにしているコラム。
じ~っくり読めるコラムになっていますので
お時間ある方は是非是非チェックしてくださいね。

そして、先日締め切りました『TENEBRAE』のツイッターキャンペーンに
たくさんのご応募ありがとうございました!!
当選者の方を発表させて頂きましたのでDMが届いていないかチェックしてくださいね。
また、当選者の方への発送は10月上旬を予定しておりますので
どの色紙が到着するか、楽しみにお待ち頂ければと思います。

それでは今回はこの辺で。

残暑見舞い

みなさま、2週間ぶりです。制作のフムフムです。
あんまり期間を空けて登場すると、忘れられちゃうかも?と思って、
今回は最短記録で登場してみました。
小心者ですみません…。


さて、お待ちいただいているみなさまに、
何かお詫びとしてお見せできる資料やらないかと色々探してみたところ、
こんなものが見つかりました!

じゃ~ん。



え? もう水着の時期じゃない?
いえいえ、夏だろうと冬だろうと、水着姿はそれだけで嬉しいものですよね?
やっぱり水着は男のロマンですよね?


ちなみに、この立ち絵を見せた時の広報Sの反応。

S「この立ち絵って、ゲームで使うんですか?」
フ「ううん、使わないよ~」
S「なんであるんですか?」
フ「……趣味?」
S「なんで疑問形なんです?」


やっぱり水着は男のロマンですよね!
大事なことなので、2回言いました!


ということで、今回はこのへんで!
来週はI川さんのコラムもありますので、
いつもチェックしている人は見逃さないよう気を付けて下さいね!

『シナリオ担当I川のホラーよもやま話』Vol.7
「"電”のつく怖いハナシ」

どうも。
シナリオ担当のI川です。
まだまだ暑い日が続いていますが、それでも朝晩の風には
真夏のそれとは違う秋めいたものを感じるようになって来ましたね。
そのせいか、自分は少々風邪気味で……季節の変わり目、健康にはお気をつけください。

ところで、『闇からのいざない TENEBRAE Ⅰ』、もうクリアされた方も多いかと思いますが、
当作はルート分岐にマルチプレイと、2度3度遊べる仕掛けがございますので、
是非、周回プレイにもチャレンジしてみてくださいね。

それでは今回のお話。
インターネットにまつわる怖い話、いわゆるネットロアについては以前もお話ししましたが、
ネットが普及する以前からあったのが、電話にまつわる都市伝説です。

皆さんもお聞きになったことがあると思います。
近年、有名になったものとしては『トイレの花子さんの電話』や『貞子の電話』などがありますね。
いずれもありえない番号に電話をかけると繋がってしまうというものや、
(そして、意味不明の声や音が聞こえたりする)
特定の番号にかけてから電話を切ると、無言電話のコールバックあるといった内容です。

実はこれ、その殆どのケースがオカルト的な要因とは無関係な現象であることが知られています。
代表\的なものとしては、ある種の音声を流すサービスをしている電話番号であったり、
(『宇宙パワーを送ります』という音声が聞こえてくるのが有名ですね)
電話工事の際に、回線のテストのために自動的にコールバックの返ってくる番号などが挙げられます。
詳しい話は『電話の怖い話』等のキーワードでネット検索すると、色々な事例が見つかると思いますので、興味をお持ちになった方は、一度検索してみてはいかがでしょうか?

電話にはどこか得体の知れない恐怖感がつきまとっていると、感じたことはないでしょうか?
その原因はおそらく、電話というものが音声のみによる連絡手段であること……
つまり、電話の繋がった先にいるのは、確かに実在する(と思われる)相手であるにも関わらず、
その正体、具体的には相手の姿形が見えないということにあるのでしょう。
相手の姿形が見えないという”情報の欠落”は、その相手の”正体”を不明確にしてしまう……
ここにも、以前お話しした『意味の喪失』による恐怖感が働いているといえるのです。
それが、誰もが抱きうる普遍的な電話への不審感=恐怖感であることは、携帯電話がもたらす
恐怖を描いたホラー映画『着信アリ』がヒットした事例を見て戴ければ、ご納得戴けると思います。

相手の正体を曖昧にしてしまう電話がそうであるように、
発信者不明の電波というものもまた、恐怖感をそそる存在です。
以前、この欄で紹介致しましたネットロア『NNN臨時放送』などはその代表\例ですね。
あれはTVが受信した発信者(発信元)や、その意味するところが不明である番組、という題材で
巧妙に恐怖感を煽る仕組みを持った都市伝説でした。

『NNN臨時放送』と似た事例として有名なネット動画に『ワイオミング事件』というものがあります。
アメリカのワイオミング州で起きた電波ジャック事件の際に流れた映像と言われるもので、
意味不明のメッセージや不気味な男の顔が映し出される、かなり不気味な映像です。
どうやら実際に起きた事件ではないらしく、件の映像に含まれるノイズが不自然であったりすることから
映像自体もフェイクであるというのが真相のようですが、今も信じている人は少なくありません。

メジャーなテレビ番組が都市伝説の題材になってしまうケースもあります。
特に有名なところとして、『ドラえもん』の謎のエピソ\ード『タレント』の話が上げられるでしょう。
ドラえもんとのび太が地下世界で体験する不気味な出来事を描いたというこの『タレント』という
エピソ\ード、これもどうやら幾つかの誤情報が混ざり合って醸成された都市伝説というのが
本当のところのようですが、裏返して言えば『実在しないエピソ\ード』であるからこそ、
より恐怖感を煽る話になっているのかもしれません。

さらに、実在している放送が都市伝説の題材になるケースも存在します。
モスクワ近郊のとある放送施設から発信されている『UVB-76』と呼ばれる短波放送があります。
この放送で流されるのはその殆どが1分間に25回のペースで流れるブザーの音だけという特異なもので
(過去数回、人間の音声による発信が確認されてはいますが)そのことから『ザ・ブザー』とも呼ばれています。
内容がまったく意味不明であることから、『ザ・ブザー』の正体については様々な推測がされており、
その中には『全面核戦争の危険が迫った際に確保されているホットライン用の周波数』であるとか、
『その放送が一定時間以上途切れた場合は核攻撃を受けたと自動的に判断され報復攻撃を行うための装置』と 言った、かなり恐ろしいものも含まれています。こうした憶測を生み出しているのも、
『UVB-76』が人間の音声を伴わないもの=『意味の喪失』した放送であるところが大きいと思われます。

日頃当たり前のように利用している電話や電波放送。
そこにも『意味の喪失』という恐怖が含まれている……なかなかゾッとする話ではないでしょうか?

さて、次回は「オススメ映画紹介」その2と題しまして、
ホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』を取り上げたいと思います。
賛否両論、評価が真っ二つに分かれることでも有名なこの作品、
『意味の喪失』という視点から捉えた場合、どう評価することができるのか……?

それではまた次回、お会いしましょう。

ツイッターキャンペーンは本日締切です!

広報Sです。

『闇からのいざない TENEBRAE Ⅰ』楽しんで頂けてますでしょうか!
発売から半月ほど経ちましたが、すべてのエンディングを見た方もいらっしゃいますかね?
是非、プレイした感想等お聞かせ頂けると幸いです。

そして、現在BOOSTON公式ツイッターでは
豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施中です!!
なんと本日9月13日(木)いっぱいまでの受付となりますので
是非、BOOSTON公式ツイッターをフォローして、該当のツイートをRTしてくださいね。

また、前回フムフムよりお知らせさせて頂きましたが
「トラウマの輻輳 TENEBRAEⅡ」 「Re:妹へ… TENEBRAEⅢ」
「時の還りしところ TENEBRAEⅣ」
上記3タイトルに関しまして、発売日が『未定』と変更になりました。

1巻をプレイして頂いて、続編が気になっている方も沢山いらっしゃるかと思います。
お待たせする形となってしまい大変申し訳御座いません。
何か御座いましたら公式サイト、HPでもお知らせしていきますので
今後とも『TENEBRAE』をよろしくお願い致します。

PAGE TOP