キーワード

【美倉神社】

美倉山の中腹に建つ神社。祭神は伊邪那美神。
かつては大きな社殿があったのだが、大戦中の空襲で焼けた後、再建されなかった。
現在は境内の奥まった所に小さな社が残るのみ。そのため境内が妙に広い。

境内の南端からは羽佐間市の全景が一望でき、展望台のようなスポットになっている。
常駐の神職はいない。久世家の関係者が維持管理を引き受けている。

神社には「奥の宮」と呼ばれるもうひとつの社があるらしいが、そこへいく方法は、とある家系の人間のみが知っているという。

ポータルサイトに戻る