■「unENDing Bloody Call」収録を終えられての感想をお願いします。
あっという間だったので、「お疲れ様でした」と言われても、
「全然、疲れませんでした!」としか言えません(笑)。
■御自分のキャラを改めて演じてみていかがでしたでしょうか?
マスターは、夢のような素敵な人ですよね。
なかなか難しいと思うんです、語り口調含めて、彼みたいな穏やかな感じは。
自分とかけ離れてるタイプなので、物語の中だけでもマスターみたいな
良い人になった気持ちを味わわせていただけて、ほんとに幸せです(笑)
もう自分が良い人なんじゃないかと勘違いしそうになりますね。
マスターみたいな人になれたら最高です。
■印象に残ったシーン、聞きどころのセリフをお聞かせください。
「神様っていうのは――」から始まる台詞があるんですけど、その台詞ですね。
そんなことをサラッと言うんだ!? って思ったんですけど、
そういうことをサラリと言っちゃうキャラって、素敵ですね。
■発売を待っているファンの皆さんへのメッセージをお願いします。
絵をを見た時に、タイトルもマスターのキャラクターも憶えてたんで、
PC版が発売されてから二年も経っていることに、びっくりしました。
移植を希望する声が沢山あり、その結果、移植することが決まったというのは、
出演者である僕にとっても嬉しいことなので、
PCゲームから追加もありますし、より楽しんでもらえれば嬉しいです。
マスターという、キャラクター自身も個人的に好きなのと、
あまりここまで裏のない良い人を、演じたことがないので、
僕が、良い人風な(笑)キャラを演じているのも、一緒に楽しんでもらえれば嬉しいです。
 


<<インタビュー TOPにもどる