■「unENDing Bloody Call」収録後のご感想は?
最初に台本を頂いて読んだ時に、本編の印象が強かったのもあって
「あれ? こんな話だったっけ?(笑)」
というのが、率直な感想でした。
本編の作品自体は1度完結しているので、その後の幸せモードな部分を、
たっぷりとファンの皆様に楽しんでもらえればいいなと思い、楽しく演じました。
■御自分のキャラを改めて演じてみていかがでしたでしょうか?
他のメンバーとはちょっと違った立ち位置というか……リーダーでもあるし、
お兄さん的な部分もあるので、ジンというキャラクターの個性も、
ビジュアル面も含めてとっても気に入っています。
本編では、クールでかっこいい感じだったので、
今回の追加部分では、優しい面が前面に出ていて、違う一面を見れたなと思いました。
■今回PC版として発売した『Bloody Call』が『unENDing Bloody Call』としてPSP版に移植となりますが、オファーが来た時のお気持ちは?
僕的には、歌もBLACK VELVETで歌わせていただいたりして、
愛着のある作品なので、次の展開をしてくれてワクワクしました。
■アフターストーリーの印象は?
本編に比べると、甘々でした。それはもう甘々でした。
どのくらい甘々なのかは、もちろんプレイしてからのお楽しみで。
■パラレルストーリーの印象は?
本編との温度差は凄いですけど(笑)、
『面白い愉快な仲間達』みたいな感じで、楽しかったです。
でも、意外に番外編のパラレルストーリーから、
本編として派生したりする作品もあったりしますからあなどれないです。
■印象に残ったシーン、聞きどころのセリフは?
収録の最後に特典CDを演ったので、アフターストーリーの記憶が遥か彼方に……(笑)
そのくらい特典CDも内容が濃いので、聞いてほしいですし、
追加部分は双葉との超絶甘いシーンとかもありますし、ギャグもいっぱいありすぎて、
何て言えば良いんだろう……全部です(笑)
プレイしていただいて、全てを楽しんでくれるといいなと思います。
■今回、本編エンドからの後日談が追加となりましたが、
ご自信が【何かやり遂げた後にやること】やご自分に【ご褒美でこんなことをした】
ことはありますか?
あんまりないですねー。
常に、あんまりやり遂げた感ってなくて、一日終わったからご褒美っていうのはあります。
帰りコンビニ寄って、今日は好きなものを買っていい! みたいなちょっとした贅沢。
ご褒美って貰うもので(笑)、自分で自腹切ってっていうのはあまりないです(笑)。
■発売を待っているファンの皆さんへのメッセージをお願いします。
皆さんが根強く支持をしていただいたお陰で、
二年後に『Bloody Call』がPC版からPSPに移植なり、
PC版から演じている僕は、皆さんから頑張ったご褒美をもらった感じです。
PC版から二年経って、PSPへの移植は、応援あってのことだと思うので、
皆さんの力でこの作品は、広がりを見せてくれるのかなと期待しています。
PSP版のBloody Callも応援よろしくお願いします。
 


<<インタビュー TOPにもどる