■「unENDing Bloody Call」収録後のご感想は?
久しぶりなキャラクターだったんですけど、やっぱりもう一回演じられるのは嬉しいです。
カインは、金と銀の全くタイプの違うキャラクター二つを演るので、
予想以上にとても疲れます(笑)。
金の方が、喋りにかなり特徴のあるキャラクターなので
無事に終わって良かった感じです(笑)。
■御自分のキャラを改めて演じてみていかがでしたでしょうか?
誰に対しても、銀の方は、もっとクールでSっ気が出てる印象が強かったんですけど、
今回は、意外と優しい一面が見えました。
逆に、金の方が『こいつはいい加減だな〜』の部分が増しました(笑)。
■今回PC版として発売した『Bloody Call』が『unENDing Bloody Call』としてPSP版に移植となりますが、オファーが来た時のお気持ちは?
PC版から期間が開いてたので、
長さ的な意味で『え?』っと驚いたのがあったんですけど、
“Bloody Call”というタイトルも、キャラもインパクトがあったので覚えていて、
また『Baby girl』って、言えるんだ! って、楽しみになりました。
『Baby girl』は忘れないですね(笑)。
■アフターストーリーの印象は?
カインのことじゃないんですけど、
???って本当にいい子なんだなって、思いました。
本当に今まで色んな環境があったと思うんですけども、
それなのに、あそこまで優しくて、いい子に育っていて、
逆に、この先が心配だなと思うくらいです。それほどいい子です。
■パラレルストーリーの印象は?
銀でギャグをやる時は、全面で演じるより、普段のSっぽさに少し味付け程度だったんです。
だから、どこまで演っていいのかっていうバランスが難しかったです。
銀がギャグに走りすぎると、金になる可能性があるので、
銀のイメージを残しつつ、こういうので演ってもいいかなと、
恥ずかしながら頑張ってみた次第です(笑)。
プレイして確かめてみてください。
■印象に残ったシーン、聞きどころのセリフは?
恋愛系のゲームは、もちろん全体の人間関係も面白いんですけど、
主人公といちゃいちゃというか、
恋人だからこその2人のやりとりが好きで、
特に、銀のようなキャラクターが
『弱ってるから、今だけ少し甘えさせて……』みたいなが好きなんです。
ちょっとリアルだなって思えて。
ぜひ、どこのシーンか探してみてください。
■今回、本編エンドからの後日談が追加となりましたが、
ご自信が【何かやり遂げた後にやること】やご自分に【ご褒美でこんなことをした】
ことはありますか?
実は、何かをやるまでとかやり遂げることに、凄い執着はあるんですけど、
終わった後は『はい、次!』って思うんですよ。
もう終わったからいいやってわけではなくて、
『ここまで』っていう区切りの感覚は、あまりないんです。
次はこれやりたい! 何やろうかなっていう事ばかり、考えています。
なので、一日休みがあれば充分です(笑)。
■発売を待っているファンの皆さんへのメッセージをお願いします。
今回初めてプレイする方はもちろんですが、
PC版のBloody Callをプレイした方も
後日談とのストーリーもあるので、楽しめると思います。
変な英語喋ったりしますけど、
金のカインも気持ち悪がらずに受け入れてね(笑)。
PC版の時の盛り上がりを思い出して、
今回も盛り上がってくれたら嬉しいので、応援よろしくお願いします!
 


<<インタビュー TOPにもどる