■「unENDing Bloody Call」収録後のご感想は?
渉くんのキャラは、忘れた頃にやってくるイメージです(笑)。
久しぶりの収録だったんですけど、
テンション高いキャラなので収録は楽しく出来たと思います。
■御自分のキャラを改めて演じてみていかがでしたでしょうか?
渉くんは少し、『お、オレは』『あ、あのー』みたいに、
どもる癖があるんですけど、今回もふんだんに盛り込まれておりまして、
演じながら「前の時もそういえば凄いやったな〜」って、
走馬灯のように流れてきて、懐かしい感触でした。
■今回PC版として発売した『Bloody Call』が『unENDing Bloody Call』としてPSP版に移植となりますが、オファーが来た時のお気持ちは?
PCゲームがコンシューマー機に移植されるパターンって、
最近凄く増えてきて、それがまた発売してから二年後ですからね。
今回の作品は、長い間、皆さんに支持してもらってたんだろうなって単純に思いました。
■アフターストーリーの印象は?
よく、大好きなドラマやアニメが終わっちゃう時に「あ〜終わっちゃうなあ」って
悲しい気持ちになりますけど、エンディングのこと想像してニヤニヤしたりする、
まさに、そのニヤニヤ想像した部分が追加されているなと思いました。
本編が暗めで重かった分、
ハッピーでとっても幸せなエンディングに辿り着いてると思います。
■パラレルストーリーの印象は?
本編がダークだったので、皆元気で良かったなあって単純に思いました(笑)。
ツっこんだりボケたりしてて、楽しかったです。
渉くんは、結構天然なんですけど、皆が皆なので、
意外とツッコミにまわるんだなあと思いながら演じてました。
■印象に残ったシーン、聞きどころのセリフは?
本編じゃなくて、特典のCDになっちゃうんですけど、
子供特有の「その場の空気に乗ってしまって怒られる」っていうシーンがありまして、
子供時代に、僕自身もよくあったなあって思い出しながら収録したので、
ぜひ、そこら辺を探し出して、聴いていただきたいなと思います。
■今回、本編エンドからの後日談が追加となりましたが、
ご自信が【何かやり遂げた後にやること】やご自分に【ご褒美でこんなことをした】
ことはありますか?
本当に小さい幸せなんですけど、ビールですね。
ほんっとに疲れた時は「絶対ビール飲む!」って思うんですけど、
それを許さないスケジュールの時もあって、その時は、凄く悔しい気持ちになります。
缶ビールではなく、生ビールを居酒屋さんで飲みたいので、ますますハードルが上がって、
妥協して缶ビール飲むのも嫌なので、そういう日は飲まないんです。
妥協しないが為に、ご褒美がもやもやすることがよくあります(笑)
■発売を待っているファンの皆さんへのメッセージをお願いします。
大変お待たせしたと思います(笑)。
二年かかって、ようやくコンシューマーへの移植となりました!
パソコンもっていた人は、先にプレイしていると思いますが、
パソコンを持ってない人は、二年間待ち望んだ人もいるかもしれません。
そんなあなた! いよいよPSPになりますよ!
え? PSPを持ってない? ならぜひ一緒にお買い求めください(笑)
また、どこかで展開する日があれば応援してください。さよなら〜。
 


<<インタビュー TOPにもどる