■「unENDing Bloody Call」収録後のご感想は?
スタッフの皆様も、長期戦、お疲れ様でした(笑)。
まさかのPC版からPSP版に移植ということで、
色々追加のストーリーも増え、非常に嬉しく思っています。
PC版の時には人気投票一位になって、一位獲得のご褒美が歌で、
歌付きでドラマCDをやったな……と、色々思い出しました。
■御自分のキャラを改めて演じてみていかがでしたでしょうか?
司狼はやっぱり、なんだかんだで凄く繊細だなと思いましたね。
兄だけど、劣等感っていうのを常に感じていて、
でも表には出さずに、女ったらしっぽく演じてるっていうところだったり、
そういう司狼が、凄く愛おしく感じます。
PC版のバッドエンドが、本当に覚えていて、切ない感じだったので、
演じている身でなんなんですけど、PSP版でも彼には幸せになって欲しいなと思ってます(笑)。
■今回PC版として発売した『Bloody Call』が『unENDing Bloody Call』としてPSP版に移植となりますが、オファーが来た時のお気持ちは?
まず、びっくりしました。
僕の中でのBloody Callのストーリーが、PC版の時に綺麗に完結していたので、
今回のタイトルが“unENDing”が付いてて、びっくりしました。
タイトルの『終わらない』って意味を踏まえて、
勝手にPC版のストーリーの続きなのかなと思ったんですけど、
PC版部分は完結していて、今回+αのストーリーが
新たな展開として加わってて面白いなと思いました。
■アフターストーリーの印象は?
司狼のルートでいえば、司狼のPC版の本編からずっと抱えてる心の悩みというか、
その部分が、最後の双葉の言葉で救われたのが、凄く嬉しかったです。
彼には幸せになってほしいですから(笑)
■パラレルストーリーの印象は?
追加された面白展開っていうので、パラレルの方は、ホストみたいなことをやったり、
カイン役の浪川さんと(笑)飲み会的なノリのなことをやってて、
色々盛りだくさんだったなという感じです。
■印象に残ったシーン、聞きどころのセリフは?
やっぱり“シャンパンコール”の部分ですね。
ノリと言うか、あそこはもう最高にホストしてたんじゃないかなと(笑)。
アフターストーリーの方では、エンドが2パターンあって、
司狼がびっくりする方のエンドがあるんですけど、
凄くドキっとしたっていうか、ある意味、こうきたか! と、裏切られた部分があって、
新鮮で僕は好きです。
■今回、本編エンドからの後日談が追加となりましたが、
ご自信が【何かやり遂げた後にやること】やご自分に【ご褒美でこんなことをした】
ことはありますか?
頑張った次の日は……一日中だらける!
オフの日だったら、最高のご褒美になりますね。
目覚ましもかけずに、目が覚めた時が朝で、そこから活動し始めて、
腑抜けになって、ただの怠け者になるっていうのがご褒美です(笑)。
■発売を待っているファンの皆さんへのメッセージをお願いします。
今回『unENDing Bloody Call』ということで、
司狼のことを応援して下さっているファンの皆さん、
今回、彼が幸せになって凄く嬉しいエンディングが見られます。
実際演じていた僕も、司狼には幸せになってほしかったので、凄く嬉しいです(笑)。
皆さんもぜひプレイをして、それを実際に体験して貰えたらと思っています。
カウントダウンボイスが、だいぶはじけてますので、
それも、一週間前から楽しんで貰えたら嬉しいなと思います。
 


<<インタビュー TOPにもどる